切る?切らない? フェイスリフト施術&名医を完全ガイド

【決定版!】最も効果的かつ安全なフェイスリフトが見つかるパーフェクトガイド

フェイスリフトの施術&名医ガイド » 切らないフェイスリフト【糸で引き上げ・引き締め】 » ハッピーリフト

ハッピーリフト

コストパフォーマンスが高い治療法

リフトアップのイメージ

ハッピーリフトとは皮膚下に1年以内に溶ける特殊な糸を埋め込む施術です。

糸には細やかな返しがついており、この返しが皮下組織に食い込んで肌をリフトアップさせ、更に刺激で美肌効果も出るという2つの効果があります。

しかも切らない施術のため時間も30分からと非常に短く、費用もとても安く受けることができる美容整形施術となっています。

ハッピーリフトの施術内容

糸を利用する中顔面(頬)の引き上げ施術

ハッピーリフトはフェイスリフト施術の1つですが、フェイスリフト施術は主に額・中顔面・頚部の3つに区分されます。[1]

この中で中顔面部分、つまり頬の部分のリフトアップ施術にあたります。

最短で当日完了する施術の流れ

まずはカウンセリングから

最初にカウンセリングをし、どの施術方法にするかを決めます。

自分にあった施術をクリニックと相談することが大切で、時には最初に予定していた施術と異なることもあります。

洗顔から麻酔

カウンセリングの結果ハッピーリフトにすることを決めたら、次に施術の準備に入ります。

まずは洗顔をしてメイクを落とし、麻酔をかけます。

ハッピーリフトはメスを使わないので、局所麻酔や静脈麻酔が一般的です。

施術開始から終了まで

麻酔が効いたら施術開始です。

時間は非常に短く、早ければ30分程で終了することもあります。

終了後、麻酔が切れるまでは約2時間となります。

ダウンタイムはどのくらい?

ダウンタイムはおおよそ3日から4日程となります。

この間は腫れや痛みが続くことがありますので、ダウンタイム中はできるだけ人に会いたくないという方は連休前などに施術すると良いです。

自然な仕上がりに

顔が引きつるデメリットも少なく、自然な仕上がりになります。

脂肪吸引で大きく形が変わってしまうと、周りに気付かれてしまうかも?という心配を持っている方もいると思いますが、そのようなこともありません。

ハッピーリフトのメリット

費用の目安は「25万円〜35万円」ほど

切るフェイスリフトではないため費用が高くなりません。

美容整形といっても施術方法はさまざまで、全身麻酔を伴うものであれば100万円以内、入院を伴うのであれば100万円以上の費用が必要なものもあります。

日帰りでできる施術でも、高いものであれば50万円ほどとなっています。[2]

このように美容整形の施術は一般的に高額な費用がかかってしまいますが、ハッピーリフトであれば両側にそれぞれ4本ずつ、計8本の糸を入れる施術が1回切りとなっています。

この1回でおおよそ25万円から35万円ほどで行うことができます。

1回だけで施術完了となり、何度もクリニックに通う必要もありません。

フェイスリスト施術を受ける上での問題点として、高額な費用というのが1つ大きな点としてありますが、費用をおさえることのできる施術となります。

施術は一回きりの短時間なのに効果は長期間

1回の施術ですぐに、しかも長期間の効果を得ることができます。

施術にはダウンタイムを伴いますので、あまり休暇を取れずに何度もクリニックで施術を受けるのは難しいという方は選びやすい施術といえます。

費用対効果だけでなく、施術を受けるスケジュールを踏まえても候補の1つとして考えやすいです。

引きつりリスクが低い施術

一般的に糸を使うリフトアップ施術は、皮膚下のどこかの部分で糸を固定しなければいけません。

そのため、固定しているのが目立たないこめかみなど、糸を入れる場所もある程度制限されてしまいます。

この固定の場所も問題で、自分が希望している箇所の施術を行うことができないと諦めた経験のある方もいると思います。

ですが、返しで引き上げることができるハッピーリフトであれば、埋め込むタイプになるので固定する場所を選ぶ必要もありません。

そのため細かい調整や糸の形状を変えることが可能で、個人個人に合わせた施術をすることができます。

また肌の下に糸を埋め込むので顔が引きつるリスクは少ないです。

切らない施術の安心性

日本美容外科学会でも、非常に医療技術が発展してはいるものの医療行為であるために不確実性は存在し、合併症の可能性は少ないながらもあるとしています。

フェイスリフト手術に特徴的な合併症としては下記があります。[1]

  • 手術の痕が残る
  • 顔面神経の麻痺
  • 顔の組織内に血液が溜まってしまう血腫
  • 皮膚の壊死
  • 感染症

もちろんこうした合併症は現在の医療では非常に少なくなっています。

ですが、万が一のことを不安に思う気持ちとフェイスリスト施術を受けたい気持ちが葛藤となっているという方もいると思います。

ハッピーリフトは切る施術ではないうえ、糸の突起も非常に小さなものですので肌の組織を傷つけにくく影響を与えるリスクが少ないです。

顔に傷を入れることによる傷跡や症状が発生することへ不安があるという方でも安心して受けることができます。

美肌効果が続く理由は肌への刺激

ハッピーリフトの糸はおおよそ8ヶ月から1年で肌に吸収されるようになっています。

ですが、吸収されるまでしか効果が持続しないというわけではありません。

糸が溶けるまでの間は返しが皮膚に刺激を与え続けます。

持続する刺激によって肌の細胞を活性化されコラーゲンが増殖し、肌に弾力とツヤが与えられます。

このため数年美肌効果が継続するとされています。

大きな施術ではないことによるデメリットも

効果には個人差が出てしまう

メイクのイメージ

ダウンタイムの日数も他のリフトアップの施術に比べて短めで、人によっては当日に腫れが治まり、翌日からメイクができたという方もいます。

ですが、数日間腫れや痛みが続く場合もあるので注意が必要です。

効果も同様で少ししか感じられないという感想の人もいれば、今までと違う!と毎朝感じるという人もいます。

施術方法によってもこうしたデメリットは異なります。

最初のカウンセリングでしっかりと不安な点を相談し、説明を受けるようにしましょう。

クリニック選びが重要

ハッピーリフトは皮膚に糸を入れるので、その糸が取れてしまうということはありません。

ですが、皮膚を引き上げる役割を持っているのは糸の小さな突起ですので、施術方法によってはこの小さな突起が外れてしまうこともあります。

そのため強力なリフトアップ効果が継続しないというケースもあります。

これは施術を受ける側の個人差もありますが、施術する医師側のスキルでも変わってきます。

ハッピーリフトに限らずにフェイスアップの整形施術はクリニック選びが重要です。

施術中の痛みや術後の痛みがあったという声もありますので、経験豊富で口コミの評判も良い医師を選ぶのがデメリットを避けるポイントです。

ハッピーリフトは日帰りで行える施術ですので、遠方地であっても良いクリニックがあれば候補の1つとして考えやすいですので、多くのクリニックの中から選ぶことができます。

費用をおさえることができるとはいえ、効果がないのであれば施術する意味がありません。

ただ近いから、安いからと選んでしまったばかりに効果を感じられなかったということのないようにしましょう。

参考文献
[1]『フェイスリフト手術』日本美容外科学会
[2]『美容外科の手術』日本美容外科学会

ハッピーリフトを利用した人の体験談

メスを使うフェイスリフトが怖かったので糸を使う施術を考えていました。ダウンタイムが少ないハッピーリフトにして正解!当日から腫れは収まり、内出血もありません。針の穴が残っただけでしたので、翌日からメイクもできました。ただ、効果は口角がちょっと上がったくらいかな…という感じです。

ハッピーリフトから10日経過したところです。毎朝鏡を見て「やっぱり違う!」と実感。受けてよかったと心から思っています。最初は他の糸リフトアップにしようか迷ったのですが、カウンセリングで色々と聞いていく内に、ハッピーリフトを選びました。結果には満足しています。

施術後、半月経ってやっと引きつった感じがほぐれてきました。改めていろんな角度から頬や顎を見てみたら、やっぱり施術前とは全然違います!顎はすっきりしていて、頬は上がっている感じ。結果的には満足しています。

ハッピーリフト治療で評判の名医

表参道スキンクリニック 細井医師

引用元:表参道スキンクリニック公式HP(http://tk-honin.com/about/doctor.html)

表参道スキンクリニック

細井 孝祐医師

藤田保健衛生大学医学部卒業後は府中病院 形成外科・乳腺センター・美容外科センターに勤務し、2015年に表参道スキンクリニックへ。

美容外科の業界において、若き名医として評判。リフトアップ系の施術にくわえ、痩身や二重など美にかんする様々な分野を得意としています。口コミサイトではほぼ満点の評価を得ており、リフトアップを希望する人にとって、これ以上の名医はいないといえるでしょう。

クリニック情報

東京都渋谷区神宮前5-9-13 喜多重ビル4F

受付時間 月・火・木・金・日 午前11時~午後8時
土 午前11時~午後7時
日・祝 午前10時半~午後6時
休診日 水曜