切る?切らない? フェイスリフト施術&名医を完全ガイド

【決定版!】最も効果的かつ安全なフェイスリフトが見つかるパーフェクトガイド

フェイスリフトの施術&名医ガイド » フェイスリフト整形の基礎講座 » SMASってなに?

SMASってなに?

SMASの引き上げがリフトアップにつながる

弱った表情筋をサポートするフェイスリフト施術の中で、『SMAS法』は一般的な手術方法になります。

SMAS(スマス)とは表情筋と連続した表在性筋膜のことで、皮膚だけでなく、SMASも一緒に引き上げなければリフトアップ効果は得られません。また、皮膚だけを引き上げるミニフェイスリフト(「プチフェイスリフト」とも呼ばれ、比較的たるみの程度が軽い人には効果的)とは違い、長期間効果を持続させることができます。

SMAS法とは?

『SMAS法』の施術方法ですが、まず耳の前を切開します。その後、切開部分から丁寧にSMAS上を剥離。挙上したSMAS弁を引き上げながら、 顔の「たるみ」や「しわ」の具合を確認していきます。希望の状態に引き上げたところで余分なSMAS弁を切除・縫合し、最後に余った皮膚を切除。2層に縫合して手術終了となります。『SMAS法』の場合、引き上げる方向や距離によって様ざまな部位のリフトアップができ、また「どの程度若返らせるか」の調節も可能です。

『SMAS法』を用いたフェイスリフトでは、切開したところをできるだけ目立たなくなるような縫合を行います。しかし、執刀医の技術力、実績・経験によって仕上がりにばらつきがあることは否めません。どうしても満足のいかないときは、執刀したクリニックで傷跡の修正を行う場合が多いようです。フェイスリフト手術は顔全体に効果があり、目に見える変化が期待できます。とはいえ顔にメスを入れるわけですから、実績のあるクリニックを選ぶようにしてください。

近年注目のリガメント法も効果的

近年は『SMAS法』とともに『リガメント法』を行うクリニックも増えています。「リガメント」とは顔の皮膚と骨をつなぐ柱状の強い靭帯です。

フェイスリフトで下垂した肌を引き上げようとすると、逆にこの靭帯が作用してしまい、たるみを伸ばすことが難しくなります。リガメント法とは、この靭帯を顔の皮膚と切り離して、しっかりとたるみを引き上げる施術です。

引き上げで余った皮膚は切除、さらに靭帯をSMASと縫合・固定することで、リフトアップの効果と持続性を高めます。また皮膚を強く引き上げる必要がありませんから傷が残りにくく、耳の変形も心配ないのがメリットです。