切る?切らない? フェイスリフト施術&名医を完全ガイド

【決定版!】最も効果的かつ安全なフェイスリフトが見つかるパーフェクトガイド

 
気をつけたい不自然な若作り3つの特徴

アラフォー

痛い人に見られがちな不自然な若作りは、若い頃のファッションと厚化粧、若者風の話し方です。若作りと思われたくない、でも若く見られたい!美しくなりたい!そんな人には、自然に若返ることのできるフェイスリフトがおすすめです。

まず、無理な若作りをして痛いと思われてしまう人の3つの特徴と、その後にフェイスリフトのメリットを紹介します。

若いころに着ていた服を着られても年相応でないなら痛い人

たしかに、年をとっても体型が変わらず、若いころに着ていた服を着ることが出来る人はいます。ただし、顔や体型と一致していなければ。ただの痛い人に見えてしまいます。スカートも、アラフォーぐらいになれば、若者向けのミニよりも、大人向けのスカートにしたほうがよいでしょう。

自身の年齢にふさわしい服を選択すれば、ボディラインも美しく見え、若作りしているとは思われません。

シミは隠せても不自然すぎる厚化粧

肌を若く見せようとして厚塗りになっていませんか?写真撮影ならまだしも、

普段の生活で厚塗りの化粧をしていると、無理をしているように見えます。シミやシワを隠したいという思いから、つい厚く塗ってしまうかもしれませんが、周囲にはその厚塗りが若作りと思われています。

さらに厚塗りは、肌荒れを起こす原因にもなり、ますますシミやシワが増え、肌の状態が悪化してしまうことがあります。化粧で徹底的に肌を隠すということは、やめておいたほうが無難です。

仮にすべてのシワやシミが隠せたとしても、たっだの白い面のような顔になり、不自然に見えます。

若者の話し方を真似している

流行の若者言葉を取り入れるということはなくても、話し言葉が若者風になっている人もいます。茶目っ気があるように思うかもしれませんが、実年齢やシチュエーションに合っていなければ、ただの痛い人です。

若者風の話し方よりも、成熟した大人の話し方をしたほうがずっと素敵です。語句をのばして可愛らしく演出するなどのしゃべり方は、残念な見られ方になる場合があります。美しい日本語を意識して、人としての質の高さを演出したほうが素敵な人と思ってもらえます。

フェイスリフトで簡単かつ本格的に若返り

シワを化粧で隠そうとしても、ただの厚塗りのようになってします……、そんな年齢の方が若返りを目指すには、美容医療の力を借りるのもオススメです。美容医療は、まぶたを一重から二重にするものだけではありません。フェイスリフトなど、アンチエイジングをかなえてくれる医療もあります。

自然な若返りをしたいなら、このフェイスリフトを受けると、線維芽細胞(肌のハリやツヤの源、これが衰えるとシワなどが増える)が活性化するというメリットもあります。フェイスリフトの施術は一度で済むので、時間をかけずに自然に若返ることができます。

フェイスリフトは若返ることのできる人気の方法

ボディは自分でエクササイズするなど、努力すればスリムな体系を維持できるかもしれませんが、顔はそうはいきません。服でカバーすることもできませんし、メイクで隠すと不自然になってしまいます。

無理をして若作りをすると、うしろ姿が若々しくても正面の顔がケバケバで逆に引かれるということになりかねません。フェイスリフトをすれば、たとえ素顔でも効果が望めます。スキンケアにはない抜群の効果で、若返ることのできる方法です。

フェイスリフトは、皮膚を引っ張り上げて縫い上げる施術です。

しかも、整形したことがバレにくいのも特長です。即効性、確実性、持続性もあり、若返りの方法として、とても人気があります。