切る?切らない? フェイスリフト施術&名医を完全ガイド

【決定版!】最も効果的かつ安全なフェイスリフトが見つかるパーフェクトガイド

フェイスリフトの施術&名医ガイド » フェイスリフト整形の基礎講座 » フェイスリフトは保険適用される?

フェイスリフトは保険適用される?

フェイスリフトといえば、たるんだ肌を改善できる魅力的な施術です。ただ、気になるのが費用の問題に関することですよね。フェイスリフトの施術を選択する場合、保険が適用になるのか、ならないのかによってかかる料金は大きく異なってきます。

ここではフェイスリフトと保険の関係についてご紹介しましょう。

フェイスリフトの施術では保険が適用になる?

フェイスリフトには、大きく分けて切る方法と切らない方法の2種類があります。しかし、残念ながらこのどちらの場合も保険は適用になりません。

そのため、フェイスリフトの施術を受ける場合は全額自己負担となるのです。保険が適用になる場合は3割負担で良いわけですが、これが10割負担になるわけなのでかなり大きな違いが発生することになります。

保険が適用されない理由は?

病院やクリニックで受ける施術や手術が、すべて保険適用というわけではありません。その大きな理由として挙げられるのが、生活する上で必ずしも必須になる治療ではないということ。

保険適用外の項目として、他にも入院時の食事代や差額で発生するベッド料、歯列矯正、人間ドックなど実に様々なものがあるのですが、そこの中ではっきりと「美容のための整形手術」が挙げられています。

基本的に美容整形とは生活に支障はないものの、見た目を改善するために起こる治療のことですよね。健康保険が適用になるのは、その状態は改善しなければ健康に悪影響をもたらす場合です。病気やケガの治療といったものが基本です。

例えば、非常に顔のたるみがひどく、それが原因で精神的な病に繋がるようなケースもあるかもしれません。しかし、顔のたるみ自体は病気ではないため、健康保険を適用させることはできないのです。

健康保険のシステムを知る

肌に悩みを抱えており、フェイスリフトを検討しているけれど、どうしても費用の問題が…という方の中にはどうにかして健康保険が適用にならないか調べている方もいるでしょう。

しかし、適用にはなりません。ここで、健康保険とはそもそもどういったものなのかについてご紹介しましょう。健康保険は病気やケガで苦しんでいる人が、少しでも費用の問題を抑えて治療が受けられるように支える制度です。

そのため、本当に必要と判断された治療でしか健康保険は適用になりません。また、健康保険適用で支払われるお金というのは、国民がみんなで積み立てたお金です。

その大切なお金を、個人が美容のために使うことができないというのは想像すれば予想がつくでしょう。美容整形は健康には問題がないものの、更に上を目指して行う治療とされるため、病気やケガの治療を行う際に適用される健康保険は対象外となります。

自由診療について

健康保険が適用になる保険診療とは違い、フェイスリフトなどの美容関連の施術は自由診療という扱いになります。フェイスリフトに限ったことではなく、美肌注射、プラセンタ導入、レーザー脱毛なども保険の適用にはなりません。

この他にも病気の治療のために行うものの、厚生労働省が保険適用として承認していない治療などでは保険が適用にならないのです。先進医療などの場合もそうですね。

自由診療では健康保険が適用になる通常の治療とは異なり、全額自己負担となるのが特徴です。

健康保険が適用になる場合は治療にかかった費用のうち、7割を国民健康保険や健康保険組合などが負担をしてくれるのですが、自由診療では10割すべてを支払います。

自由診療の費用について

フェイスリフトは自由診療扱いになるわけですが、具体的にどれくらいの費用がかかるのか?という点についてはクリニック側で自由に設定することができます。そのため、全く同じ施術だったとしても、選択するクリニックが違えば数万円~数十万円といった違いが発生する可能性もあるのです。

こういったこともあり、料金設定についてはよく確認しておきましょう。料金が高いからといって、必ずしも安いクリニックよりも施術の内容が優れているとは限りませんし、腕の良い医師がいるクリニックで格安のフェイスリフトが受けられる場合もあります。

健康保険が適用されるものに比べると自由診療の方が費用が高くかかってしまうのは間違いないので、料金に関する疑問などはすべて疑問を解消した上で施術を受けることが大切です。

特にフェイスリフトの治療の中でも、切る治療を選択する場合はメスを使う手術ということもあり高い費用がかかります。まずは自分が施術を受けようと思っているクリニックではどのような方法が選択できるのか、その方法を選択するにはいくらの費用がかかるのかまで細かく計算しておきましょう。

ちなみに、アフターケアの料金などもすべて自由診療という扱いになるため、施術を受ける当日にかかる費用だけでなく、アフターケアの費用に関しても確認しておかなければなりません。

費用についてわからないことがあった場合、電話などで相談をすれば丁寧に教えてくれるはずです。ここで適当な返答しか得られないようなクリニックは避けておきましょう。