切る?切らない? フェイスリフト施術&名医を完全ガイド

【決定版!】最も効果的かつ安全なフェイスリフトが見つかるパーフェクトガイド

フェイスリフトの施術&名医ガイド » フェイスリフト整形の基礎講座 » ダウンタイムはどのくらい?

ダウンタイムはどのくらい?

施術希望者の不安の種となるダウンタイム

フェイスリフト希望者の懸念点のひとつが、術後のダウンタイムです。ダウンタイムとは、美容医療の分野では「施術から回復までの期間」を指し、具体的にいえば、施術後に生じる腫れやかさぶた、内出血などが回復して引くまでの時間です。

長期の入退院を行わず、施術後もすぐ通常生活に戻れる施術が多い美容整形ですが、ダウンタイムの不安は付いてまわります。ダウンタイム中は患部の違和感があったり、お化粧が満足にできないなど、日常生活に支障をきたす恐れも…。

ここでは、フェイスリフト施術を「切らないフェイスリフト【超音波・レーザー系】」「切らないフェイスリフト【糸で引き揚げ・引き締め】」「切るフェイスリフト【外科手術】」に分け、それぞれのダウンタイムをまとめてみました。

切らないフェイスリフト【超音波・レーザー系】

施術 ダウンタイム
ウルセラ 施術後30分~遅くとも1週間程、肌の違和感を感じる。個人差あり。
タイタン なし。
サーマクール 2~3日程度。1週間以上かかるケースもある。
ウルトラリフト ほとんどなし。
ポラリス なし。

切らないフェイスリフト【糸で引き揚げ・引き締め】

施術 ダウンタイム
ハッピーリフト 数日~10日程度。
シルエットリフト 2~3日程度。(2週間ほど、軽い内出血が生じる場合もあり)
3Dシルエットリフト 2~4日程度。
ミントリフト 数日程度。
ウルトラVリフト 赤みは当日、むくみは3~4日程度。
金の糸 軽い内出血が、2日~2週間程度。
スプリングリフト
(溶けない糸)
2~3日程度。麻酔によるむくみ・腫れ・内出血が1~2週間続くこともある。

切るフェイスリフト【外科手術】

施術 ダウンタイム
前額リフト 内出血は2~4 週間。2週間前後で抜糸。
こめかみリフト 内出血は3~5日。1週間程度で抜糸。
頬リフト 内出血は2~4 週間。2週間前後で抜糸。
下あごリフト 4~5日程度。
ネックリフト 内出血は2~4 週間。2週間前後で抜糸。

ダウンタイムの短い『糸リフト治療』に注目

メスを使った外科手術によるフェイスリフトでは、やはりそれなりのダウンタイムを考える必要があります。というのもダウンタイム中は、入浴や運動などが制限されるからです。また、周囲に施術したことを知られたくない場合は、その間、可能であれば会社を休む、マスクやメイクなどで隠さなくてはなりません。ですから、ダウンタイムが長くなる可能性も考えて施術日を決めるようにしましょう。

レーザー治療、糸リフト治療の場合、ダウンタイムは2~3日と短いため、あまり周囲を気にする必要はないといえます。フェイスアップを考えているなら、効果が期待でき、ダウンタイムの短い『糸リフト』がおすすめです。