切る?切らない? フェイスリフト施術&名医を完全ガイド

【決定版!】最も効果的かつ安全なフェイスリフトが見つかるパーフェクトガイド

フェイスリフトの施術&名医ガイド » フェイスリフト整形の基礎講座

フェイスリフト整形の基礎講座

セルフケアには限界が…フェイスリフトでしわ・たるみを解決

どれだけアンチエイジング化粧品を使ってマッサージしても、またエステティックサロンに通ったとしても、顔のたるみやほうれい線を完全に克服するのは難しいもの。「実年齢より、少しでも若いといわれたい」「効果的な若返りをしたい」という希望があるなら、美容クリニックでフェイスリフトを受けることをおすすめします。

ひきしめの基礎・SMASについて解説

SMAS(Superficial Muscular Aponeurotic System)・通称スマスは、表在性筋膜群という顔の皮下脂肪の下にある筋肉のこと。フェイスリフトは、この表情筋と皮膚を引き上げることで効果を発揮します。SMASの基礎について、施術の前に抑えておきましょう。

SMASってなに?の詳細ページへ>

マッサージだけじゃ治らない?

顔のセルフケア方法は数々ありますが、しわやたるみの改善にマッサージを取り入れている人も多いでしょう。もちろんマッサージにも効果はあるのですが、劇的な改善は望めません。

マッサージだけじゃだめなの?の詳細ページへ>

おすすめは糸を使ったフェイスリフト

フェイスリフトは、効果が目に見える施術として、特に高齢者の人を中心に適用されている方法です。基本的に耳の回りから髪の生え際に至るラインを切り、そこから余分なたるみを除き、皮膚や筋肉を引き上げて縫合します。顔全体に行うこともできますが、特に気になる部分にのみ施すことも可能です。無駄なたるみを除去してしまうため、かなりの効果が期待できる反面、顔を切開するわけですから不安を感じる人も少なくないでしょう。

そのような人におすすめなのは、糸で皮膚をリフトアップする方法です。糸には溶けて体内に吸収されるもの、溶けない糸があり、「ハッピーリフト」をはじめ、「金の糸」「スプリングリフト」など、様ざまな種類が使われています。

糸の種類による違いを教えて?の詳細ページへ>

ダウンタイムの疑問を解決

できれば施術後すぐに通常の生活を送りたいものですが、フェイスリフトのダウンタイムはどの程度のものなのでしょうか?ダウンタイムとは施術で発生するキズや腫れなどが回復するまでの時間で、この間は「入浴を避ける」「メイク禁止」をはじめ、多少の制約がかかります。

糸を使用したフェイスリフトはダウンタイムも少ないのですが、切開手術の場合は腫れが引くまで2週間前後かかり、その後抜糸が行われるなど、長いあいだ生活が不便になる可能性が少なくありません。

ダウンタイムはどのくらい?の詳細ページへ>

失敗するリスクや後遺症について

若返りに効果的なフェイスリフトですが、外科手術であることから、思ったような効果が出なかったり重篤な後遺症が残る可能性のあるものです。最近では傷が残りにくくリスクの少ない施術方法も人気ですが、期待した効果がきちんと出るのか、効果は持続するのか、後遺症にはどういったものがあるのかをしっかり理解しておきましょう。 失敗の少ないクリニック選びをして、カウンセリングで納得のいくまで説明をしてもらうことがリスク回避につながりますし、万が一失敗や後遺症が残った場合でも、事前に知識を得ていることでカバーしやすくなります。

失敗するリスクや後遺症についての詳細ページへ>

フェイスリフト整形の期間

フェイスリフトは、レーザーや糸による切らないタイプの施術なら、ダウンタイムは数日間でその後の通院も必要ないほどですが、切るタイプの手術の場合は長めのダウンタイムと手術後数ヶ月間は定期的な通院が必要になります。その分、効果の持続する期間が長くリフトアップ効果も感じられますが、ダウンタイムにかかる期間もしっかり確保できるかどうか考慮して手術を決めるようにしましょう。切らないタイプのフェイスリフトでも、手術後数日間は安静にして、何かトラブルが発生したときにはすぐにクリニックに連絡するようにしてください。フェイスリフトは手術後のダウンタイムも施術の一部だと認識することが重要です。

フェイスリフト整形の期間の詳細ページへ>

フェイスリフトは保険適用される?

フェイスリフトの施術を受ける際に気になるのが費用に関することです。保険が適用されれば全額自己負担ではなく3割負担になるため安く済ませられますが、残念ながら健康保険は適用されません。その理由や、保険を必要としない自由診療についてご紹介します。

フェイスリフトは保険適用される?の詳細ページへ>